0
¥0

現在カート内に商品はございません。

氷感とは

氷点下で凍る水分子に、高電圧の力を付加することで、凍結しにくい状態を作る技術です。
一般的に農産品は低温になるほど鮮度力がたかまりますが、凍結てしまうと見た目や味が落ちてしまいます。
氷感はこの凍結リスクを回避して農産品を低温保存することを実現します。

||氷感保存の仕組み||

||氷感の主な構造||

氷感の電圧は3500ボルトから最大7000ボルトかかります。 食材い高い電圧が確実に伝わるようにアルミ素材を仕様しています。 氷感は図のように、食材に電圧が伝わる仕組みになっているため、凍結点付近の温度帯での保存を可能にします。

||氷感がもたらす効果||

01
鮮度維持


農産品は収穫直後から鮮度が落ちていきます。 氷感庫はこの鮮度劣化のスピードを遅らせることができます。 氷感技術を活用することで、長期間鮮度をそのままに保ち、収穫直後に近い状態での流通が可能となります。 また、端境期に合わせた販売機会の延長も実現できます。 さらに一部の生産者様は氷感利用を前提として、農作作業工程を見直し労働効率の改善も行なっています。

カテゴリ一覧

ページトップへ